スタッフ紹介

  • HOME
  • スタッフ紹介

集中治療・麻酔・疼痛管理アドバイザー

石塚 友人

獣医麻酔集中治療専従医
Veterinary Education Service(VES)代表取締役
一般社団法人 日本動物麻酔科医協会 理事

経歴 日本大学生物資源科学部獣医学科
酪農学園大学大学院獣医麻酔学獣医学博士
ネオベッツVRセンター
北海道大学附属動物医療センター麻酔集中治療科特任助教

当院の集中治療・麻酔・疼痛管理アドバイザーとして『石塚 友人 先生』がいらっしゃいます。
循環器疾患を抱える子の手術も多く経験してこられているので、とても心強く思います。

疼痛管理がなぜ重要なのかと言うと、わんちゃん、ねこちゃんは、人と違い痛みを上手に訴えられません。痛みはストレスを増やしたり、傷の治りを悪くしたり、免疫などの反応を悪くすることが知られています。よって、痛みの管理はストレスを減らすだけでなく、術後の回復にも強く影響をもたらします。痛みの防止には鎮痛薬の投与時期が重要と言われており、痛みの刺激が加わる前に鎮痛薬を投与する方法(先取り鎮痛)が効果的です。
また、作用の異なる鎮痛薬を併用する(マルチモーダル鎮痛)ことによって、鎮痛薬による副作用を増やすことなく鎮痛効果を増強できます。当院はマルチモーダル鎮痛を積極的に実施することにより、今後も周術期(手術前〜抜糸までの期間)の疼痛管理を積極的に行っていきます。

院長

石川 泰弘

酪農学園大学 酪農学部(現在は獣医学部)獣医学科 獣医微生物学教室 1995年卒(26期生)

院長 石川 泰弘

大学卒業後、某県の食肉衛生研究所に4年間勤務。とある先生に影響を受けて小動物臨床の世界に飛び込みました。その後、大阪市にあるレオ動物病院で勉強をして、現在に至っています。
POS(Problem Oriented System:問題指向型方式)という考え方や、HAB(ヒューマン・アニマル・ボンド)など、臨床に必要な技術を指導していただきました。現在の診療方針になっているのはその先生のお陰で、大変感謝しています。

取得資格など ・獣医師免許
・iVEAT総合診断センター腹部超音波研修修了(第Ⅵ期)
・iVEAT総合診断センター心臓超音波研修修了(第Ⅲ期)
・獣医循環器認定医<認定医番号:10007>
・2016年度 獣医麻酔外科学会麻酔疼痛管理委員会主催 麻酔ブートキャンプ修了
・第4級アマチュア無線技士
得意分野 循環器、呼吸器、腎泌尿器、画像診断、軟部外科
趣味・特技など スポーツ観戦(スポーツ全般)、バレーボール、野球、サッカー、アーチェリー、スキー、車
所属 ・奈良県獣医師会
・葉月会
・日本獣医循環器学会(JSVC)
・日本獣医画像診断学会(JSVI)
・日本獣医腎泌尿器学会
・日本獣医麻酔外科学会
・奈良動物臨床研究会(NACS)
・日本動物病院福祉協会(JAHA)
・世界動物病院協会(WAHA)
・志学会
・日本心不全学会
・日本心エコー図学会

獣医師

守屋 澪菜

鳥取大学 農学部 獣医学科 獣医衛生学教室 2018年卒

20184月から勤務している獣医さんです。
真面目で一生懸命な獣医さんです。

取得資格など 獣医師免許
所属 ・志学会
・奈良県獣医師会

動物看護師

辻川 真穂

2016年4月から勤務している、看護師さんです。
専門学校時代、当院でアルバイトをしてくれていました。
とても真面目で頼りがいがあり、一生懸命な素敵な看護師さんです。

取得資格など 動物看護師統一認定機構 認定動物看護師
所属 日本動物病院福祉協会(JAHA)

仲谷 実紗

20194月から勤務している看護師さんです。
とても真面目で頑張り屋さん、これからがとても楽しみな看護師さんです。

取得資格など
所属 日本動物病院福祉協会(JAHA)